読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四葉高原逍遙記

アニメ関係の海外BBSで見つけた興味深いレスを翻訳します。現在は4chanの/a/と/u/(アニメ板と百合板)のスレッドを扱っています。

フリップフラッパーズ 第1話 「ピュアインプット」

f:id:solitarybee:20161101201148j:plain

4chan /u/(百合板)より

 

 

 

良いスタートだった、百合のポテンシャルも十分。

f:id:solitarybee:20161101133834j:plain

 

 

>青髪のキャラが変身すると赤髪になり、赤髪のキャラが変身すると青髪になる

一体何事? 私の目は大丈夫なのだろうか?

それはさておき、第一話はとても良かった。次回以降も必ず追っていく。

 

 

f:id:solitarybee:20161101142128j:plain

ホーリーシット、このショーはただひたすら美しい。こいつはまさにイカれたカルトクラシック※だ。とてつもない芸術作品。 ※一部でカルト的な人気を博して語り継がれる作品の事

絶対儲からないだろうに、それでもこんな作品が作られる世界に住んでいる我々は幸運だ。

 

 

f:id:solitarybee:20161101142138j:plain

すっごい不気味…

 

 

気に入った。私には宮﨑駿の影響を受けたおとぎ話に狂気を適量加えているように見える。

  • そう、私はトップをねらえ2!の空気を感じるよ。ほんと大好きだわ。
  • ローリングガールズの空気を感じる……ゴージャスなアートと軽い百合要素があわさり今期最高に見える
  • 軽い百合要素? 私には軽くは見えませんわ、お姉さま※ 4chanの/u/板ではしばしばこの種の二人称が用いられる

 

 

この作品には高い芸術性の要素を感じる。

 

 

日本で行われた第三話までの先行上映イベントのレポートによると、本作の百合は次の通りです。

パピカ→ココナ←ヤヤカ

OPを見れば、ヤヤカがパピカの対抗馬であることがわかりますね。百合ヤンデレ

f:id:solitarybee:20161101142649j:plain

  • それは後のエピソードで出てくる他の魔法少女だと思った。髪の色には気を配ってなかったわ。
  • ヤヤカは声優リストの上から三番目だよ。明らかに彼女は大きな役割を果たすキャラです。

 

 

f:id:solitarybee:20161101142811j:plain

第一話を私は徹底的に楽しんだ。アートと音楽の方向性が最高に魅力的だった。

主役二人はトップをねらえ2!のノノとラルクを思い出したし、ストーリーはアシッドでぶっ飛んだジブリ作品みたいだった。EDの繰り返しアニメーションも逸品だった。百合ポテンシャルも十分だし、楽しい旅になりそうだわ。

 

 

f:id:solitarybee:20161101142944j:plain

>ヤヤカは私がこれまでになく好きになったキャラ

>OPで映された、ヤヤカの悲しげで殺伐としたカット

>百合三角関係における必然的な敗者

私よ、安らかに眠れ。

  • 玉青/さやかフリークの奴はヤヤカに飛び付くだろうし、彼女が敗北したときには川に向かって叫ぶ事になるだろうね
  • ココナ=なる、パピカ=ハナ。そして明らかにヤヤカ=ヤヤ ハナヤマタのキャラの話
  • あらら…お姉さま方、私はもう彼女のために泣いてますわ
  • 幼馴染であるということは苦しみである
  • ハハ、このキャラはヤヤ+さやかでヤヤカだから、二重の苦しみを背負ってますわ

 

 

f:id:solitarybee:20161101143118j:plain

綾奈ゆにこが脚本担当という話は既出ですが、EDを見ると彼女がシリーズ構成も担当している。つまり彼女が物語全体を作成している事を意味します。

  • 祝福あれ。
  • いや、原作者は「ピュアイリュージョニスト」です。シリーズ構成は重要な役職ですが、それはプロットに影響を与えません。
  • ピュアイリュージョニストプリキュア東堂いづみと同じくチーム名ですよ。
    綾奈ゆにこはいつもシリーズ構成をしているので今回もそうだと仮定しましたが、クレジットには「ストーリーコンセプト」とあります。ストーリーコンセプトというのは通常、原作者の名前でクレジットされます。漫画が原作なら漫画家の名前です。
    私は、この作品のストーリーにおいて彼女の役割は大きいと考えても問題ないと思います。勿論アニメでは通常、監督の関与が大きいものですが。
    諸々考え合わせると、この作品は彼女が発案したプロジェクトである可能性があります。彼女は虚淵玄ほど有名ではないので我々が彼女について知っている事は少ないですが、しかしそれにも関わらず、私は本作に感銘を受けました。素晴らしい脚本でした。我々は日常物を手掛ける作家としての彼女は知っていましたが、彼女には本当の才能があるかも知れません。

 

 

綾奈ゆにこはこれまでに「ろこどる」とか「きんモザ」のような作品しか手掛けてないけど、彼女の夢物語なんてアニメで語る事が出来るものだろうか?

  • まあね、失望したくなければあまり多くを期待しない方がいいでしょう。それに3Hzは小さくて新しいスタジオです。その上、監督は初心者。……ですがそんな事はどうでもいい。彼らはこの業界を刷新する新鮮なアイデアを持っているかも知れない。

 

 

f:id:solitarybee:20161101211721j:plain

美術部の先輩とこの不吉な絵は何か関係している気がします。

  • その絵はココナの夢に出てくる川のように見える。

 

 

f:id:solitarybee:20161101144908j:plain

このアニメはクッソ深いように思われるので、我々は引用リストをまとめておく必要があります。

 

冒頭:ルビンの壺(向かい合った顔とツボの錯視)

ココナの夢:ステュクス(冥界の川)の舟?+老婆と若い娘の錯視

ココナが朗読した本:夢十夜

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A2%E5%8D%81%E5%A4%9C
彼女が読んだ部分は第七夜で、その概要はこう

>夢を見ている男は自分が高速で航行する蒸気船に乗っている事に気づく。多くの乗員や客がいるが、彼には友達も知り合いもいない。船がどこに向かっているかも判らず、いつ陸地に着くのかも判らない。彼は現下の状況に落胆し、海に身を投げて終わらせる事を決める。ある晩、デッキに人がいないのを見計らって彼は海に飛び込む。彼は下の暗い海に落ちながら、やはり身投げなどせず船の上にいるべきだったと悟り、恐怖と後悔に襲われる。

ロボットの脳:ジェイムスン教授シリーズ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BBR%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA

スラグモンスター:風の谷のナウシカ

エンディング:ヘンゼルとグレーテル

 

他に何かありますか?

 

 

ステュクスの夢について言えば、ココナはピュアイリュージョンに入った時にすぐ明晰夢の可能性を考慮したので、これは恐らくプロットに直接関係している。また、ED後のCパートで彼女はピュアイリュージョンについて夢なのか異世界なのか平行世界なのかをパピカに問い質していた。それと舟に乗っていた人物はOPから判断して恐らく彼女の分身だろう。多分彼女は無意識のうちに以前ピュアイリュージョンを訪問したことがある。

f:id:solitarybee:20161101145313j:plain

  • あれがココナの別の姿だとしたら、それは恐らくピュアイリュージョンを訪問した後に忘れてしまった、あるいは忘れさせられた彼女の自己だろう。
    /a/(4chanのアニメ板)では、ココナは元々ピュアイリュージョンから生まれたか、あるいは一種の女神ではないかと推測されている。ココナは「欠片」のような匂いがするというパピカのコメントに照らして考えると興味深い。
  • あの川はステュクスではなく三途の川だと思う(基本的には同じもの)。あと、あの舟の人物は恐らくココナの母親だ。
  • 三途の川なら舟を使わず橋で渡る筈だが。
  • 日本には三途の川を舟で渡る物語が沢山あるよ。 ※三途の川の渡り方は初期には三種類あるとされ、平安時代末期以降は専ら舟で渡るものと考えられるようになった

 

 

私は一体何を観たのだろう? フリクリwithレズビアン

 

いや、ささみさん@がんばらないにはレズビアンが出てただろ

f:id:solitarybee:20161101145117j:plain

 

 

お前ら注意せよ、注意せよ

f:id:solitarybee:20161101145152j:plain

 

 

多分今期で一番の作品になりそう。非常に強力な一話だった。アニメーションは見事だし、仄暗く幻想的な雰囲気は素晴らしい。そして百合に関しても大いに期待出来る。それが言外のものであれ何であれ。

好きだわ。

 

 

 百合を発見しました!

f:id:solitarybee:20161101165533j:plain

 

 

f:id:solitarybee:20161101171915j:plain

バスケットボールのコート上にいるヤヤカは実にクールです。
でもココナのレーダー上でブリップ(輝点)として観測されていない。パピカとは違って。
また、翳りのあるココナの顔が、パピカの方に向くや否やすぐに光を得る事に注意して下さい。これはOPや第1話全体を通して一貫しています。

  • ナイスキャッチ。
  • 多分ヤヤカは後輩に大人気です。彼女達はヤヤカに残念賞を与える事が出来ます。
  • ヤヤカについて言えば…
    最後に彼女は別の女の子とくっつくか、あるいは新たな玉青になるのだろうか?
  • 美術部の先輩、ユユ(双子の片割れ)、サユリ(オペレーター)、ココナのおばあちゃん。良いのを今から選んでおけ。

 

 

私は憂慮しているのですが、ヤヤカは物語が終わる前に死ぬだろうと、根拠は無いながらも確信しています。ショーの奇抜さにも関わらず、明らかにダークな雰囲気が漂っている。制作者がココナとパピカを殺したくない場合、次の候補は親友という事になるでしょう。

しかし、そうならない事を願っています。ヤヤカは誰のためでもなく、彼女自身のために可愛い女の子として存在するに値します。

 

  

f:id:solitarybee:20161101172246j:plain

このシーンに関して面白い事:右端にいる一匹狼を除いて、誰もがペアになっています。緑地全体が、丘の中腹に埋め込まれた建物の上にあります。通常、建物の上で木を成長させると根が建物を引き裂く事になるので、これは非常に珍しい建築です。とても素敵なキャンパスですね。

  • 一匹狼ちゃんが気の毒になりますわ 

  • 私はそうは思わない。この学校はユリトピア※ですから  ※百合ゲーム「屋上の百合霊さん」に出てくる言葉で、百合の楽園というぐらいの意味。
  • しかしもしこの学校であなたにガールフレンドがいないとしたらどうです?
  • 一部の人にとっては、百合の証人であるというだけでもう十分満たされます。
  • そう、ガルパンの杏やゆゆゆ(結城友奈は勇者である)の園子のように。

 

 

f:id:solitarybee:20161101172518p:plain

私の演繹的推論によって、一匹狼ちゃんの正体が判明しました。 ※「屋上の百合霊さん」の主人公、遠見結奈。作中で様々な百合カップルのために奔走する

  •  ココナとパピカがくっついたのは、結奈が舞台裏で色々調整していたからか。

 

 

!!!監督によって百合承認されました!!! 

f:id:solitarybee:20161101172622p:plain

  • 素晴らしい
  • これでもう心配いらないな 

  • 監督は百合の暗示の意図は認めたものの、それは実際に作中で百合が堂々と描写されるという事とは限りません。恐らく百合は言外の意にとどまるでしょう。

  • それは問題ではない。少なくとも押山監督は、「百合ではなく思春期です」※とは言わなかった。 山田尚子の発言。この発言は海外の百合界隈では極めて深刻に受け止められた

 

  

f:id:solitarybee:20161101173015j:plain

なんだこれは。デジタル砂時計って何だよ?

  • それは砂時計件デジタルタイマーだ。監督は砂時計のモチーフを好んでいる。後でまた出てくると確信している。
  • それと、花瓶も好んでるようだ。この学校はどこにでも花瓶がある。

 

 

私は次回予告が無かったらいいのにと思う。

第一話のCパートでロボット軍団の襲撃と誘拐事件が起きたが、次回予告でココナ達が平穏無事に過ごしているのを見ると、この敵対的なドラマの全てが無意味なものになってしまう。
フリップフラッパーズが次回予告でネタバレをする唯一の番組というわけではないが、これにはうんざりされられます。

  • その次回予告のお陰で安心出来たけどね、個人的には。

それには全く同意出来ません。この先何が起こるかを気にしながら一週間を過ごせば、次回問題が解決するのを見てより強く満足出来た事でしょう。私はその、先の展開を案じる感覚を愛しています。極端な展開と障害は物語にとって重要だと確信しています。良い物事の真価を理解するのに最も適切な方法は、悪い物事と比較する事です。

  •  ちょっとした争いの後にハッピーエンドが来るのは確かに良いことだけど、ただ今回Cパートで起きたこと(誘拐)は私には少し重すぎたわ。 

まさにそのCパートこそが、今回我々が観た全ての場面の中で私が最も愛した部分です。

夕暮色に染められた世界、柔らかい草、異世界で起きた出来事の余韻を残した静けさは壮大であり、そこには嬉しそうなパピカがいて、そしてそれらの全てが襲撃の恐怖によって覆い尽くされた。これは本当に私の心を動かしました。
間欠的な光に照らされた森を映す美しいロングショットからの夜の雪のように、静かなシーンの中で示される昏いテーマの仄めかしは実に素晴らしいものです。

 

 

f:id:solitarybee:20161101173349j:plain

>パピカは疲労困憊しているが、眼鏡を示して誇らしげに「んっ」と小さな声を出す

それを見た時の私の顔

f:id:solitarybee:20161101173411p:plain

>その時ココナが眼鏡にヒビが入っているのに気付いて、ムードが台無しになる

これ大好き。このアニメは最小限の会話でさえ、二人の幸せな相互作用を生き生きと描写しているから。

  • 最小限の会話「でさえ」と言うよりもむしろ、最も適切な方法で二人のやり取りを描いていると私は言いたい。
    彼女たちがお互いを見て抱き合う様子、パピカの「んっ」という小さな声、先程ココナがパピカを助けるために爆破した氷の破片、等々。会話を最小限にする事によって、視聴者がこれらのシーン全体をスムーズに把握する事を可能にしている。
    それにしてもこれは本当に、全面的に素晴らしいシーンでした。

 

 

次回が待ちきれない。

f:id:solitarybee:20161101174515j:plain

  • ココナのおばあちゃんがこれを許すでしょうか?
  • 仮に許さないとしても、車椅子の老婆に何が出来るだろう。
  • いや、彼女はなんかすっごい装備のハイテク車椅子を持ってるし、過小評価してはならない。ラスボスかも知れないぞ。

 

 

この作品は今期の代表作となるポテンシャルを持っているように思う。あるいはそれ以上のものに。
私は「結城友奈は勇者である」が放送されていた時以来、これほど興奮した事は無かった。その前はまどか☆マギカだった。
まだ第一話が放送されただけであり、従ってこの先劣化する可能性もあるが、しかしこのショーの全ての要素が可能性によって沸騰している。私はこの種の事に関して通常は過度に悲観的なのだが、しかし大きな希望を持って素晴らしい作品になる事を期待せざるを得ない。この感覚は本当に愉快なものだ。

  • あなたのその感覚は私も良く理解していますわ、姉様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翻訳元

http://boards.4chan.org/u/thread/2158285

Thanks Anons.